自賠責保険未加入の車と事故に遭ったらどうする? 

自賠責保険(強制保険)とは、自動車 やオートバイを乗る際に、自動車損害賠償保障法によって加入が義務づけられている強制保険で、未加入で自動車等を運転した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、未加入で交通違反を起こすと6点減点かつ即、免許停止処分、保険証明書の不携帯では30万円以下の罰金となります。
自動車や250cc以上のオートバイには車検制度がありますが、250cc以下のオートバイ(原付きスクーターなど)には、車検が無いため、有効期限切れにならないように注意が必要です。
また、未加入だと廃車手続きはできますが、車検も通りません。
強制保険は、最低限度の損害賠償を補償するという保険で、対象が人身損害についての保険で、最低限度の損害填補を保障されるだけで、保険金・損害賠償金の金額に上限が定められており、保証としては不十分です。その為、保証を上積みする任意保険も加入する必要があります。あくまで任意の保険ですが、任意保険も義務で入るべきと思ったほうがいいです
もし、強制保険未加入の車と事故に遭った場合でも、被害者がまったく補償されないということはないです。
無保険事故にあった被害者には政府保証事業が機能するようになっていて、健康保険・労災保険等・他の社会保険の給付など、法定限度額の範囲内で、政府が最終的な救済措置を負担してくれます。
しかし、本来支払うべき加害者に変わって政府が立替えたにすぎませんから、政府は加害(損害賠償責任者)者に対して返還請求することになります。
強制保険未加入は全体の約3割で、当然任意保険にも加入していない現状があります。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:33 PM