対象となる保険は加害者と被害者で異なります

自動車を運転していると、誰にも事故を起こしてしまう可能性があります。
そして、加害者になることも被害者になることもあります。
もし事故を起こしてしまい、加害者側になってしまった場合やらなくてはならないことがあります。
まずは、事故を起こしてしまった相手、被害者の安全確認や怪我などがあった場合は救護義務が発生します。
怪我がある場合は救急車を呼び、事故を起こしてしまったら必ず警察に連絡をします。
自ら、その場で示談で解決すると後々問題が起こることがあるので、必ず保険会社を通して今後の相談をします。
警察を呼び事故の処理を行ってもらうと事故証明書というものがもらえます。
これは今後の保証内容がどのようになるか、判断する材料にもなります。
事故と言っても、過失割合というものがあり100対0になることはおかま事故を除いてまずないです。
その過失割合によって被害者への弁償金などが変わっています。
その過失割合は専門的知識を持った人にしか出せないので、必ず会社を通してその割合の交渉をしてもらいます。
また、怪我をさせてしまし人身事故扱いになって障害が残ってしまう場合もあります。
そのような保証も任意の分には加入している人がおおいのでそちらから保証されます。

Filed under: 未分類 — らぢお 8:37 PM