もし被害者になってしまったら

自動車事故で解決が困難になる代表的なものは、事故の場所が特定出来ないケースです。
道路の幅や標識の有無などの情報が手探りになり、過失割合も決められない状況になります。
また、事故相手の情報が不明確な場合もトラブルになります。
今は本当に急いでいる修理費や治療費は100%負担するから、この名刺に後で連絡してくれと言われ、後日連絡してみると全くの別人だったとの事例もあります。念のため名刺を2枚もらっておく方法もありますが、この種のトラブルを防止する一番の有効な方法は、警察に連絡する事です。
100%修理費を負担するなどと言われてもその場での示談は禁物です。
その後で連絡がとれなくなる、あの時はそういったがあれは間違いだったとなるケースがほとんどです。
小さな事故でも警察に連絡し、事故発生の日時・場所・事故状況・お相手の氏名・連絡先・登録番号等の情報を記録に残す事が大切になります。そうする事で、その後の保険会社の示談交渉もスムーズになります。

また、自分が被害者にり負傷している場合は、我慢せず病院で診断と治療を受ける事です。そして事故に関する出費は領収書をもらい保管しておくことも必要です。
賠償請求する際に証明がなければ保険会社も対応出来ないからです。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:31 PM