警察と保険会社へ連絡 

自動車が普及した現代社会では交通事故というものはほぼ毎日のように発生しています。そのため、自動車を日常的に運転する人も、あるいはそうではない人も常に交通事故の加害者や被害者となってしまう可能性があります。
特に自動車を運転している人の場合、たとえ自分がいくら注意を払って運転をしていたとしても避けようのない交通事故に巻き込まれてしまう可能性があり、日ごろから安全運転を心掛けておかなければなりませんが、万が一、自分が事故を起こした当事者となってしまった場合には早急に次のような行動に移らなくてはなりません。
もしも、事故を起こした相手が人間であった場合、相手は事故によって怪我をしている可能性があるので、すみやかに怪我人の救護にあたらなくてはなりません。次の行動としては、警察への通報となります。たとえ被害に遭った人の怪我の具合が軽く、相手側も大丈夫だと言っていたとしても警察への通報は欠かすことのできない行動となります。なぜならば、もしも事故から数日経って被害者の身体に異常が見られた場合、事故を起こしたにもかかわらず警察への通報をしなかったとひき逃げの扱いをされてしまう恐れがあるためです。
さらに保険会社への連絡も欠かすことはできません。交通事故を起こした当事者は保険会社へ連絡することが義務付けられているからです。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:31 PM