被害者の容態と事故現場の確認

自動車を運転している人には、誰しも事故の加害者になる可能性があります。
もし、そのようなことになった場合にあせらずきちんと対処しなくてはなりません。
もし、人身事故を起こしてしまってその場から立ち去ってしまったら重大な過失のひき逃げになります。
すぐに手当や対処をすれば助かる命もあります。
そこで、事故現場ではなにをしないといけないか道路交通法でも定められています。
事故を起こしてしまった場合、まず第一に被害者の安否確認が必要です。
容態の確認をし、無理に動かさず救急車を呼ぶことが第一です。
その後、被害者の安全を確保するため警察も必ず呼ぶことです。
救急車やパトカーが到着するまで、被害者の安全の確保の為交通誘導や、容態確認、簡単な手当などを行う必要があります。
一人ではできることではありませんので、近くの方にも救助をお願いしましょう。
もし、被害者が意識不明で心肺停止の状態になっていれば、救急車が到着するまでに心肺蘇生をすることが大事です。
しかし、いざとなればやり方はわからないものなので119に電話をしているときに容態確認があるので、その後どのような処置、対処をすればよいか指示があります。それに従い、行うのが大事です。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:31 PM