自賠責保険未加入の車と事故に遭ったらどうする? 

自賠責保険(強制保険)とは、自動車 やオートバイを乗る際に、自動車損害賠償保障法によって加入が義務づけられている強制保険で、未加入で自動車等を運転した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、未加入で交通違反を起こすと6点減点かつ即、免許停止処分、保険証明書の不携帯では30万円以下の罰金となります。
自動車や250cc以上のオートバイには車検制度がありますが、250cc以下のオートバイ(原付きスクーターなど)には、車検が無いため、有効期限切れにならないように注意が必要です。
また、未加入だと廃車手続きはできますが、車検も通りません。
強制保険は、最低限度の損害賠償を補償するという保険で、対象が人身損害についての保険で、最低限度の損害填補を保障されるだけで、保険金・損害賠償金の金額に上限が定められており、保証としては不十分です。その為、保証を上積みする任意保険も加入する必要があります。あくまで任意の保険ですが、任意保険も義務で入るべきと思ったほうがいいです
もし、強制保険未加入の車と事故に遭った場合でも、被害者がまったく補償されないということはないです。
無保険事故にあった被害者には政府保証事業が機能するようになっていて、健康保険・労災保険等・他の社会保険の給付など、法定限度額の範囲内で、政府が最終的な救済措置を負担してくれます。
しかし、本来支払うべき加害者に変わって政府が立替えたにすぎませんから、政府は加害(損害賠償責任者)者に対して返還請求することになります。
強制保険未加入は全体の約3割で、当然任意保険にも加入していない現状があります。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:33 PM

任意保険未加入の車と事故に遭ったらどうする?

交通事故に遭った場合、警察とのやり取りの後に相手側との示談という流れになるのが一般的ですが、この時問題になるのが相手側に過失が大きい場合の損害賠償や治療費などです。
自賠責については強制加入ですから問題はありませんが、それでは賄いきれない場合、またそもそも自賠責での対応ができない場合に、任意保険で対応するという流れです。
問題なのは相手側に責任の過失が大きい場合、その自動車において自賠責以外の保険に加入をしていないことがあります。この場合、加入をしていない以上保険会社が出てくることはあり得ませんから、個別に相手と交渉しなければなりません。
相手側が開き直って、賠償してくれなかったりするケースも出てくることも十分に想定されるところです。こんなときは交通事故の被害者救済に関する専門機関が各地にありますし、また、専門家である弁護士に依頼することによって彼らを代理人として賠償を求める、場合によっては裁判で争うといった対応もしっかりと考えなければなりません。
ここまでするのが面倒だ、あるいは相手ともめたくないといって泣き寝入りしてしまうこともあり得ますが、相手に対して弁護士を立てて話をすることも可能であることは知っておく価値はあります。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:32 PM

保険に入らないデメリット

保険に入ると出費が増加しますし、事故が発生しなければ無駄になりますから、重要性が認識出来なければ保険は避けられるので、突然の状態に備える事が難しくなります。
事故に備えて保険に加入していても、保険料以外の出費が必要になる事はありますが、事故対応が安心に繋がりますし、突然の出費を最小限に抑える事が可能です。
無保険は珍しくありませんし、無事故で長期的に運転しているドライバーも居ますが、事故を起こせば加害者としての責任が発生しますから、損害を補う保険が無ければ実費で支出を行う事が求められます。
金額によっては日常生活とはかけ離れた金額になりますから、経済的な余裕がなければ負担を行う事が難しくなりますし、状況次第で桁が増加するので、長期の支出増加が現実として発生します。
保険の加入がドライバーの精神に影響しますし、安心して運転を行う為の存在ですから、万が一に備える責任感が求められるので、メリットを考えて加入する事が大切です。
相談相手になる事も保険会社の価値ですから、現実的な負担でデメリットを減らせますし、ドライバーの常識として活用される保険なので、実績がある事で信頼を獲得して多くの効果を提供しています。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:32 PM

事故後に真っ先にすべきこと

事故は何処でも発生する可能性がありますし、交通量がある通りでは被害者になる可能性は十分ですから、事故後の冷静な状況把握が重要なので、落ち着いて対処する事が大切です。
現場の状態を保存する事が優先されますから、特別な状況でなければ車は現状を保つ必要がありますし、関係先に連絡を取って対応を行う事が重要なので、手続きの方法が分からない場合は頼れる存在を味方に付ける事が重要です。
相手の出方を見る事も欠かせませんし、事故後の行動を把握する事が必要ですから、証拠隠滅を図らない監視が役立つので、目を離さない事が相手にとっても役立ちます。
事故後に証拠となる状況を変化させてしまうと、状況判断に影響がありますし、不必要に状況確認の手間を増やしますから、結果的に事故解決までの時間が増加します。
保険会社との連絡も必要で、怪我の具合を調べたり被害状況を客観的に認められる必要がありますから、加害者との協議を行い事故解決を進める事が重要であり、お互いに協力する姿勢も事故現場では大切です。
相手に誠実性が認められ証拠隠滅の心配がないと判断出来れば、良い条件で素早く解決する為の行動が行えますし、事故処理を適切に行い解決へと向かえます。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:32 PM

もし被害者になってしまったら

自動車事故で解決が困難になる代表的なものは、事故の場所が特定出来ないケースです。
道路の幅や標識の有無などの情報が手探りになり、過失割合も決められない状況になります。
また、事故相手の情報が不明確な場合もトラブルになります。
今は本当に急いでいる修理費や治療費は100%負担するから、この名刺に後で連絡してくれと言われ、後日連絡してみると全くの別人だったとの事例もあります。念のため名刺を2枚もらっておく方法もありますが、この種のトラブルを防止する一番の有効な方法は、警察に連絡する事です。
100%修理費を負担するなどと言われてもその場での示談は禁物です。
その後で連絡がとれなくなる、あの時はそういったがあれは間違いだったとなるケースがほとんどです。
小さな事故でも警察に連絡し、事故発生の日時・場所・事故状況・お相手の氏名・連絡先・登録番号等の情報を記録に残す事が大切になります。そうする事で、その後の保険会社の示談交渉もスムーズになります。

また、自分が被害者にり負傷している場合は、我慢せず病院で診断と治療を受ける事です。そして事故に関する出費は領収書をもらい保管しておくことも必要です。
賠償請求する際に証明がなければ保険会社も対応出来ないからです。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:31 PM

警察と保険会社へ連絡 

自動車が普及した現代社会では交通事故というものはほぼ毎日のように発生しています。そのため、自動車を日常的に運転する人も、あるいはそうではない人も常に交通事故の加害者や被害者となってしまう可能性があります。
特に自動車を運転している人の場合、たとえ自分がいくら注意を払って運転をしていたとしても避けようのない交通事故に巻き込まれてしまう可能性があり、日ごろから安全運転を心掛けておかなければなりませんが、万が一、自分が事故を起こした当事者となってしまった場合には早急に次のような行動に移らなくてはなりません。
もしも、事故を起こした相手が人間であった場合、相手は事故によって怪我をしている可能性があるので、すみやかに怪我人の救護にあたらなくてはなりません。次の行動としては、警察への通報となります。たとえ被害に遭った人の怪我の具合が軽く、相手側も大丈夫だと言っていたとしても警察への通報は欠かすことのできない行動となります。なぜならば、もしも事故から数日経って被害者の身体に異常が見られた場合、事故を起こしたにもかかわらず警察への通報をしなかったとひき逃げの扱いをされてしまう恐れがあるためです。
さらに保険会社への連絡も欠かすことはできません。交通事故を起こした当事者は保険会社へ連絡することが義務付けられているからです。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:31 PM

被害者の容態と事故現場の確認

自動車を運転している人には、誰しも事故の加害者になる可能性があります。
もし、そのようなことになった場合にあせらずきちんと対処しなくてはなりません。
もし、人身事故を起こしてしまってその場から立ち去ってしまったら重大な過失のひき逃げになります。
すぐに手当や対処をすれば助かる命もあります。
そこで、事故現場ではなにをしないといけないか道路交通法でも定められています。
事故を起こしてしまった場合、まず第一に被害者の安否確認が必要です。
容態の確認をし、無理に動かさず救急車を呼ぶことが第一です。
その後、被害者の安全を確保するため警察も必ず呼ぶことです。
救急車やパトカーが到着するまで、被害者の安全の確保の為交通誘導や、容態確認、簡単な手当などを行う必要があります。
一人ではできることではありませんので、近くの方にも救助をお願いしましょう。
もし、被害者が意識不明で心肺停止の状態になっていれば、救急車が到着するまでに心肺蘇生をすることが大事です。
しかし、いざとなればやり方はわからないものなので119に電話をしているときに容態確認があるので、その後どのような処置、対処をすればよいか指示があります。それに従い、行うのが大事です。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:31 PM

もし加害者になってしまったら

道路では事故が発生しますし、巻き込まれる可能性は誰にでもありますから、運や確率次第で被害者になる事は十分に考えられます。
車を運転する場合は、事故を起こし巻き込む当事者になる確率が高まりますし、被害者が居る場合は的確な行動を行う事により、人命を守り被害を最小限に抑えられます。
加害者は事故により混乱が発生しますが、冷静さを取戻し被害者の救護にあたる事が最優先ですから、必要な連絡先にアクセスを行う事や、状況を把握して命を救う努力を行います。
普段は事故は関係がないと考えていても、被害者が生まれる可能性はありますし、救護の知識を知る事は無駄にはなりませんから、対処法を学ぶ事で被害者を救い出せます。
救護の技術次第で結果を左右しますし、努力を認められれば罪は軽くなるので、罪を認める事は必要であり大切ですが、事前に心構えを行う事が重要です。
事故を起こさない事が何よりも大切ですから、疲れを感じた場合は休憩をする事が運転手の責任ですし、自信過剰な事よりも謙虚さが安全に繋がるので、安全を優先する運転が求められます。
万が一の状況は誰にでも起こりますし、事故を起こせば状況は一転しますから、夜間の運転や疲労の蓄積はリスクと捉えて避ける事が大切です。

Filed under: 未分類 — らぢお 3:30 PM

対象となる保険は加害者と被害者で異なります

自動車を運転していると、誰にも事故を起こしてしまう可能性があります。
そして、加害者になることも被害者になることもあります。
もし事故を起こしてしまい、加害者側になってしまった場合やらなくてはならないことがあります。
まずは、事故を起こしてしまった相手、被害者の安全確認や怪我などがあった場合は救護義務が発生します。
怪我がある場合は救急車を呼び、事故を起こしてしまったら必ず警察に連絡をします。
自ら、その場で示談で解決すると後々問題が起こることがあるので、必ず保険会社を通して今後の相談をします。
警察を呼び事故の処理を行ってもらうと事故証明書というものがもらえます。
これは今後の保証内容がどのようになるか、判断する材料にもなります。
事故と言っても、過失割合というものがあり100対0になることはおかま事故を除いてまずないです。
その過失割合によって被害者への弁償金などが変わっています。
その過失割合は専門的知識を持った人にしか出せないので、必ず会社を通してその割合の交渉をしてもらいます。
また、怪我をさせてしまし人身事故扱いになって障害が残ってしまう場合もあります。
そのような保証も任意の分には加入している人がおおいのでそちらから保証されます。

Filed under: 未分類 — らぢお 8:37 PM