事故に遭ったら確認すべきポイント

交通事故から身を守るには、周囲の状況をきちんと確認して行動するとか交通法規を守って安全運転をすることです。気をつけていても、いつ被害者や加害者になるかはわかりません。もしもの時に備えて、チェックポイントを覚えておきましょう。まずは相手の確認、そして警察への連絡です。警察への届け出をしないと、自賠責保険や任意保険が適用せずに損をしてしまうかもしれません。なので、示談で済ますことは避けた方がいいです。特に相手が損害賠償は支払うから警察へは届け出ないでほしい、などと言うのは要注意です。口約束ではトラブルの原因になりかねます。警察への届け出は一般的には加害者の義務ですが、被害者であっても自分で警察に連絡しておくと確実です。そして、相手の車種やナンバーは控えておいて、出来れば免許証・車検証などの写真を撮るとか確認させてもらえると安心です。次に、現場のその時の状況の記録と写真撮影をしましょう。あとあと、どちらの過失割合が高いかなど揉めることがあるので、道路の状況やブレーキ痕、車両の損傷部位を写真撮影しておくと良いです。目撃者がいれば確保しておくことも必要です。すべて警察や相手に任せるのではなく、自分自身も落ち着いて行動出来るようにしておきましょう。